amazon

せどり・転売

amazon在庫切れの罠

投稿日:

amazon在庫切れの罠

こんにちは!

1月14・15は四国中央市でPCの入れ替え作業、
続いて16日は岡山にて同じくPC入れ替え。
起床時間5時と多忙な3日間でした。
今日になってやっとブログを更新することができました。
特に15日は珍しく雪が積りこんな状態。

愛車のチャー専用スカクー通称エルメスはノーマルタイヤ&FR(後輪駆動)。
朝7時の集合場所まで車で行けなくなり、
急きょ仕事仲間の四駆のスタッドレスで迎えに来てもらい、
近くのコンビニまで泣きながらテクテク徒歩で・・・

香川ではこの程度の雪でパニックなんです。

余談はこのあたりでおしまいで、
本日は仕入れの際の注意点です。

チャーも何度かやらかしてしまったのですが、

 

amazon在庫切れの罠。

 

そうです、amazonが在庫を持っているか否かです。

一例を挙げますとこの商品。

出版差し止め等で話題の「日本会議の研究 (扶桑社新書)
ベストセラー1位です。
  

この本は何度も在庫切れをしては再入荷しているのです。

どうやって調べるかと言うと、
これ、Keepa

Google Chromeの拡張機能です。

他にも色々と用途があるので、
入れときましょう!

まずこの商品ページでわかるのは右側の入荷予定。
入荷予定が決まっているので仕入れ対象外です。
新品入荷が決まっているのに、
中古を購入する人はごくわずかでしょう!
(完全に出版差し止めになるのを待って狙うならアリですが・・・)

 

Keepaを導入すると商品ページにこんなグラフが表示されます。

 

ここで罠が!!

amazonとあるところにカーソルをあわせるとこのようになります。
1/8から在庫切れになり1/16に再販していることがわかります。

また中古とあるところにカーソルをあわせるとこのようになります。

 

定価864円の商品が1/10付近で、
中古価格(恐らく新品同様)が2000円近くまで高騰、
いわゆるプレ値です。
たまたま1/8以降にこの商品を見つけた方は、
大喜びして何冊も仕入れしたのではないでしょうか?
新品・中古、各40人ほど出品されていますね。
この時点では入荷予定が未定だったと予想できます。

ところがこの後再販が決まり、販売価格ダダ下がり・・・
500円を切る価格まで下がっています。

高値で売り抜けた方はラッキーですが、

新品で仕入れをした方は大赤字ですね!

 

資金に余裕がありロングテールで狙うなら話は別ですが、

特にamazonが在庫を持っている、

もしくは在庫を持っていた商品の再販には注意が必要です。

 

それにしても、
書籍の「再販制度」(定価販売制度)ルールを
知らない人多すぎです・・・

 

gad1

スポンサーリンク

gad1

スポンサーリンク

AFFINGER4

-せどり・転売
-, , ,

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.