amazon

雑談

ユーザー車検に行ってきました。

投稿日:

ユーザー車検に行ってきました。

 

早いもので前回の車検よりもう2年。

2回目のユーザー車検に行ってきました。

ユーザー車検とは、
自動車の使用者が自ら運輸支局等に車両を持ち込んで継続検査(≒車検)を受けること。

 

まずは事前に自賠責保険を近くのガソリンスタンドで段取りして、

 

こちらで車検予約申し込み。

はじめての方はID登録がいります。

 

そして今日12月26日いざ陸運局へ!

家から車で20分程の四国運輸局香川運輸支局へ到着。

正式名は長いのですね!

予約時間内の午前9時前に到着後、

3枚の書類に記入。

その後検査料と重量税の収入印紙を購入。

検査手数料が1800円

重量税が32800円

 

それでは検査開始です。

検査員の指示に従い、

・同一性の確認車検証や申請書類の記載内容と、車両が同一であるかの確認。
・外廻り検査自動車の外観(車体・灯火類など)に問題がないかの確認。
・サイドスリップ検査前輪タイヤの横滑り量(直進安定性)の確認。
・ブレーキ検査前輪、後輪、駐車ブレーキの制動力の確認。
・スピードメータ検査実際の速度と、速度表示機器との誤差の確認。
・ヘッドライト検査ヘッドライトの光量、光軸が、基準値内であるかの確認。
・排気ガス検査排出ガスのCO(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度の確認。
・下廻り検査車両下部の不具合(かじ取り装置・オイル漏れなど)の確認。

このような検査場を一直線に進むだけです。

 

特に問題なかったのでこれにて終了!!

出口からの画像です。

 

因みに今回車検を受けた車がコレ。

もう古くなりましたがお気に入りの車です。

 

自賠責保険は事故歴などによっても、

値段が変わり、

重量税についても車の重量で決まります。

 

私の車は排気量3500cc・車両重量1560k

エコカー減税無しとかなり大型の部類に入る車ですが、

今回の車検にかかった費用は、

自賠責保険    25830円
検査手数料  1800円
重量税    32800円

計 60430円

新しい車検証とシールをもらって全て終了です。

この時点で9時36分、

所要時間約40分でした。

 

ここで注意ですが車検に通ったからと言って、

故障しないのでは無く、

メンテはこまめにやって下さいね!

 

誰でも簡単にかつ安価にできますので、

平日動ける方にはオススメしますw

gad1

スポンサーリンク

gad1

スポンサーリンク

AFFINGER4

-雑談

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.