amazon

WordPress

画像著作権に注意しよう!

更新日:

ブログを始めるにあたって、

文字だけのブログでは見た感じ寂しいですよね!

アイキャッチ画像や記事中に画像をみなさん貼っていますが、

これにはどんなルールがあるのでしょうか?

まず使用OKな画像

自分で撮影したり作成した画像

当たり前ですが本人に著作権があるため使用することができます。

だたし注意点があります。

東京オリンピックのロゴマークで問題になったように、

いくら自分で作成したからと言ってデザインを模倣するのはよくありません。

また撮影した画像の中に他人が写っていた場合、

相手に許可をとるかモザイク等の処理で特定できないようにした方がいいでしょう!

無料の画像素材サイト

無料ですが使用方法や規約などがサイトによって異なるため、

確認はしておきましょう!
著作権の問題の無い画像を検索・挿入できる「Pixabay Images」というプラグインもあります。

 

有料の画像素材サイト

こちらも使用方法や規約などがサイトによって異なるため、

同じく確認してから使用しましょう!

ちなみに有料サイトには

ライツマネージド(RM)と

ロイヤリティ・フリー(RF)2種類あって、

それぞれの違いを調べてみました。

ライツマネージド(RM)

利用の使用媒体や期間によって価格が決まり、

お客様の申請された範囲内で作品をご使用いただく商品。

つまり申請した範囲以外で使用することはできない。

ロイヤリティ・フリー(RF)

原則的に1度購入すれば使用許諾の範囲内で何度でも使用可能。

 

youtube動画

埋め込み機能があるくらいですから、

ブログに貼り付ける行為自体は問題はありません。

むしろ動画アップ側は埋め込みを承認して動画を配信しています。

ブログにyoutubeを貼る時は公式チャンネルものにしましょう。

 

注意点

著作権を無視した違法アップロードされた動画はNGです。
ただし公式チャンネルで確認バッジが無いからといって全てが、
違法アップロードとは限りません。

音楽PVは注意が必要です。
JASRACという音楽の著作権を守っている団体があって、
ここが管理しているアーティストの音楽PVは許可が必要です。

ただしアーティストが公式にアップしている動画
(アーティスト自身でチャンネルを作成されている動画)は、
問題としない場合が多いですが、
何れにせよ注意が必要です。

使用NGな画像

他の方のブログやサイトの画像

これは説明いらないと思いますが、

どうしても使用したい時には使用許可をとりましょう!

公序良俗に反する画像

当たり前です。

社名ロゴやマーク

使用NGではありませんがほとんどの場合確認が必要です。
メルカリのロゴをブログで使用されているのをよく見ますが、
ブログ掲載の場合、
運営への届け出が必要です。
掲載されている方、
届け出してますか?

まとめ

本当に著作権は一歩間違えると想像以上に怖いルールです。

プロフィールにもかきましたが、

広告代理店の営業をしてた当時の話。

c(マルシーマークや著作権表記マーク)が無いため、

新聞などの媒体に入稿できず何度も足を運んだ経験があります。

画像や動画にもしっかりとした著作権があります。

ブログで情報発信となれば日本国内のみならず、

世界中に情報発信することになります。

他人の権利を侵害していないかどうか十分すぎるほど注意をしたほうがいいと思います。

もし、使用していいかどうか判断がつかない場合は、

使用しないもしくは確認するなど調べておいて損はないです。

私自身もまだまだ未熟ですが、

後になって後悔しないよう徹底的に心掛けていきましょう!

 

gad1

スポンサーリンク

gad1

スポンサーリンク

AFFINGER4

-WordPress
-, ,

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.