amazon

amazon せどり・転売

こんな出品者がいたら要注意!

投稿日:

こんな出品者がいたら要注意!

ヘルビに多い出品した後のメーカーからのクレーム。

知的財産権や特許を理由に販売停止を要求してきます。

まぁ~見分け方としては、

  1. 出品者数が極端に減っている。
  2. 出品者の中にメーカーがいる。
  3. 出品者がメーカーだけ。

こんなとこですね!

出品者が全員価格が全員一緒ってのもメーカーの圧力。

販売はしていいが価格を合わすように指示されるパターンもあります!

 

ところが最近増えているのが、

 

正規販売店・正規取扱店

 

商品説明文中にこんな単語があれば要注意。

この画像を見て下さい。

この商品も・・・

どういう事かと言うと、

「販売してもいいけど代理店になってね!」

って事なんです。

ちなみに2つ目定価9800円の日焼け止めサプリの商品なんだけど、

実際メーカに問い合わせてみた。

すると回答は、

 

1ケース66個入りを3ケース購入してもらうのが、

代理店になる条件。

気になる卸値は6掛け!

つまり

9800円✕0.6✕66個✕3ケースの計1164240円w

普通のせどらーでは厳しい金額ですね・・・

そもそも季節商品だけに198個もさばける気がしません!

 

仕入れする際は、

出品者ページの商品説明文もチェックしましょう!!

 

 

gad1

スポンサーリンク

gad1

スポンサーリンク

AFFINGER4

-amazon, せどり・転売
-, ,

Copyright© , 2019 AllRights Reserved.